デリヘルは女の子が帰るまで楽しもう

"「風俗を利用したところでただ虚しくなってしまうだけじゃん」と考えている男性も多いかと思います。
しかし風俗というのは、現実ではなかなか満たすことの出来ない最高の快楽を味わうことが出来るのです。
プレイ後にあなたが『また是非とも遊びたいな』などと伝えるだけで、きっと女性も大喜びしてくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく別れるように貴方がリードしてあげることが大切なのです。

 

女性の中にはお客さんに満足してもらいたいということだけを思いつつ、うっかりと忘れモノを残してしまうことがあります。
プレイ後に退室をする時には『忘れ物無い?』などと声をかけてあげましょう。デリヘルでのお楽しみが終了したらうだうだしていてもどうしようもありません。
最後は女性とのプレイの余韻を楽しみ、軽くイチャイチャしながら別れを惜しむようにしましょう。"

風俗の専門サイト
http://www.asoviva.jp/



デリヘルは女の子が帰るまで楽しもうブログ:15-8-18

名古屋から娘を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきった俺たち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70〜80歳くらい。

気にはなっていたが俺の席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのまま俺も座っていた。

すると俺の妻が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは妻にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
俺たち家族はそこで降りたわけだが、
そこで俺は妻に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
俺も気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた妻は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの親父や母親も
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

俺は目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。